2019年01月08日

アンコールワット記8 Banteay Kdei

鬱蒼とした参堂を抜けると、つっかえ棒だらけの僧院のテラスに半裸の白人達、

DSCN1249.jpg

DSCN1250.jpg

DSCN1252.jpg

此処はヒンドゥ様式と仏教様式が混交していると言われるが、
何処がどの様に混ざっているのか皆目判らない。

DSCN1256.jpgDSCN1259.jpgDSCN1261.jpg
DSCN1254.jpg

此処のデバターも見応えがある。

DSCN1253.jpg

DSCN1258.jpg

DSCN1257.jpg

DSCN1263.jpg

アンコールワットの至る所で見られるリンガ(男根)の台座が此処でも辺りを払っている。
世界創造のシヴァ神を表したものだそうだ。

DSCN1260.jpg

ナーガ(蛇神)の欄干でじっと読み耽る少女、
この神殿の謂れを紐解いてるに違いない。

DSCN1268.jpg

アンコールワットやアンコールトムのバイヨンでは
日本人の姿を見飽きるほど見たが、
この辺りで見掛けるのは白人ばかりだ。
日本人の観光ルートから外れているのだろう。

DSCN1272.jpg

首を垂直に持ち上げたナーガ、
きっと毒蛇だろうが、
宇宙世界を支えているのがナーガなのだそうだ。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 18:30 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

アンコールワット記7 Ta Prohm

此処は発見された当時の破壊されたままの姿で保存されている、と知られている。

DSCN0513.jpg

デバターの歓迎、
右のデバター、アンコールワットのデバターより一寸生っぽい。
良く見ると緑色の苔。

DSCN1194.jpgDSCN0519.jpg

中へ一歩入って、
ウオッー、思わず唸る。

DSCN1192.jpg

DSCN1200.jpgDSCN1196.jpg

第一印象、地獄。
縦横無尽に王の尊厳を荒らしまわる樹木、
スポアンと言う榕樹だそうだ。

DSCN1201.jpg

まさに人為と自然との闘い。
1000年の年月で石さえも朽ち始めるが、
生き物は命をつなぐ。
この樹木たちは何代目だろう。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:11 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

アンコールワット記6 Ta Kev

名前の意味は「クリスタルの古老」。
造営途上で放置されたままの姿だ。
そのせいか、或いは意図的にか、
壁面装飾が殆ど施されていない。
それがかえって、一抹の静寂さを醸し出している。

この窓などはどのように仕上げるつもりだったのだろうか。

DSCN0500.jpg

当時の石組みの手法などが垣間見られ
建築手法研究上は貴重なのだそうだ。

DSCN0502.jpgDSCN0501.jpg

造営途上で放置された理由には諸説がある。
11世紀の初めジャヤヴァルマン5世が造成を始めたが、
王の急死により作業が中止された、
或いは、作業中に落雷があって縁起が悪いと中止された、
他の権力者によって王が放逐された、
とか諸説があるが最後の説が有力らしい。

11世紀初頭、アンコール王朝は王位継承で混乱したらしい。
世襲ではなく実力での王位継承だったのだ。

DSCN0503.jpgDSCN0506.jpg

DSCN0504.jpg

DSCN0512.jpg

アンコールワット造成はこれより100年以上後になる。
当時としては最大級の建造に取り掛かったのではないだろうか。
権力を握った王は王都と大寺院を建設し祭儀を執り行うのが義務であったのだ。
その義務を全うせず、
未完成で造営を放置せざるを得なかった王の無念さはいかばかりであったろう。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:46 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

アンコールワット記5
  パプオーン・王宮・象のテラス


DSCN0471.jpg

入れ口を入ると直ぐ17、8歳くらいの少年が横に並ぶ。
案内してくれるらしい、なにがしかのチップをやれば良いのだろう。
「日本人は此処で写真を撮るよ」
と教えてくれたのが空中参堂の下の部分だ。


DSCN0473.jpg

「ポルポトがみんな壊してしまったんだ」
と顔を顰め残骸を指差す。

DSCN0475.jpg

「こっちに面白い木があるよ」
確かに変わった木だ。

DSCN0477.jpg

DSCN0479.jpg

4$渡すと少年はそそくさと森の中を駆け戻っていった。

DSCN0481.jpg

DSCN0484.jpg

DSCN0487.jpg

あちこちブラブラして門をくぐると広場に出た。
これが像のテラス。

DSCN0492.jpg

DSCN0493.jpg

DSCN0495.jpg

DSCN0496.jpg

DSCN0497.jpg

並んでいる塔が「綱渡りの塔」、プラサット・スウル・プラット。
王宮前に集まった観客に綱渡りを見せたと言う。

DSCN0488.jpg

王があのテラスの上で、
この道を凱旋して帰った兵士達、象の軍団を迎えたのだろう。
歓声がこだましてくる。

DSCN0499.jpg


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 11:15 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

アンコールワット4 アンコールトム

迂闊にも此処がバイヨンと知ったのはその時だ。
良く写真で見る巨像群が微笑んでる!

DSCN04161.jpg

目と鼻の先に乱立する四面観音菩薩像、

DSCN0417.jpg

DSCN0428.jpg

DSCN0431.jpg

DSCN0442.jpg

おおろかな微笑の中に、
満ち満ちた威厳、溢れる自信、包容力すらも感じる。
クメール王朝の全盛を謳歌しているのだ。

DSCN0423.jpg

DSCN0436.jpg

アンコールワットが12世紀前半の建築、
アンコールトムが12世紀後半から13世紀初めの建築、
たったの100年足らずだ。
代々の王は王権の神格化を城都造営の形で国民に示す、
これが不文律だったそうだ。
この地域だけで63箇所の遺跡があるという。
造営に次ぐ造営で国力が次第に衰え、
当時、南下途上にあったタイ族との戦いにも敗れ、
1431年にはクメール王朝はアンコールワットを放棄したとの事である。

DSCN0440.jpg

DSCN0452.jpg

カモシカのような黒人女性、
暫く、菩薩像との取り合わせ写真を狙う、が。

DSCN0457.jpg

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 08:46 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

アンコールワット7 アンコールトム その2

城門の頭部は四つの四面佛顔の観世音菩薩
ここが人間世界から神の世界に入る入れ口なのだ。

DSCN0408.jpg

DSCN0409.jpg

彫が深く緻密な浮き彫りがずらりと並んでいる。

DSCN0415.jpg

DSCN0413.jpg

DSCN0411.jpg

当時の庶民生活が生き生きと描かれている。

DSCN0414.jpg


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:01 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

アンコールワット6 アンコールトム

午前のアンコールワットの脇を通り過ぎ軽快に走ると奇怪な門。
道の両脇に立ち並ぶ巨人像、
その向こうに車が一台やっと通れる入れ口、
これがアンコールトムの南大門と知ったのは後のことだ。

DSCN0404.jpg

左に並んでいるのが神々、右手が阿修羅だとか。

DSCN0401.jpg

DSCN0403.jpg

この像達も一つ一つ違う顔をしている。
西安の則天武后の墓を思い出す。
規模こそ劣るが共通点があるように思う。

DSCN0400.jpg

DSCN0402.jpg

ここは陸橋になっていて、
陸橋の両側の巨人像がナーガ(大蛇)をしっかりと引き合う。
更に両側の環濠はたっぷりと水で潤っている。

DSCN0405.jpg



スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:43 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

アンコールワット5 天を突くアンコールワット その4

第一回廊のに戻り壁画を観る。
東西200mx南北180mの四面に絵巻物が展開する。

DSCN0380.jpg

DSCN0383.jpg

古代インドの叙事詩「マハバータラ」「ラーマーヤナ」、
古くからインド文化が定着し
クメール人たちの心の支えになっている勧善懲悪の物語だ。
「天国と地獄」「乳海攪拌」等等、
ぐるぐる廻っているうちにどれがどれだか判らなくなった。

DSCN0381.jpg

DSCN0382.jpg

DSCN0385.jpg

DSCN0378.jpg

DSCN0386.jpg

日本語のガイドがつばを飛ばしているのは日本人の落書きの前、
1632年に書かれた落書きが日本人相手の格好の見所となっている。
生々しい墨書、
鎖国令の敷かれるその時に、丁髷姿でこんな所まで来ていたのだ。
どんな目的で来たのだろう。
まさか、物見遊山ではあるまい。

DSCN0391.jpg

後ろ髪を引かれるように引き返す。
浮き彫りの詳細にも未練が残るし、
デバターも十分に撮り切れていない、
朝夕、季節で姿を変えるであろうし。
何時か長期滞在してじっくりと取り組みたいものだ。

DSCN0392.jpg

DSCN0393.jpg

DSCN0395.jpg

戻り口で花嫁花婿に出会う。
花嫁の横顔はデバターの様に福福しい。

DSCN0397.jpg


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:15 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

アンコールワット5 天を突くアンコールワット その3

当時、アンコールワット朝はインドシナ半島中央部の大部分を領土としていたと言う。
としても、この巨大な建造物を造るには
それなりの強力な政治、経済基盤が必須で有ったであろう。

DSCN0355.jpg

DSCN0358.jpg

DSCN0351.jpg

DSCN0360.jpg

DSCN0367.jpg

もう、凄いとしか言い様が無い。
幾つかのアンコールワット関係の本を拾い読みして幾らかその謎が解けて来た。

やはり、自然の恵みだ。
温暖な気候、大平原、豊富な水、に基づく農耕栽培。
樹林からは自然の果物、植物、薬、家具工具材料。
そして湖からは豊富な海の幸。
加えて、雨風だけを凌げればよい住居環境。
適当な人口密度。
種を播けば収穫できる自然環境の中で
豊かな、おおらかな自給自足生活が可能だった。
その余剰の富がアンコールワット朝の形に集約したのだ。

DSCN0370.jpg

DSCN0371.jpg


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 10:02 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

アンコールワット4 天を突くアンコールワット その2

柱や壁が朱色で塗られていた当時の面影が残る。
さぞかし豪華絢爛な宮殿?寺院?お墓?で有った事だろう。

DSCN0327.jpg

DSCN0341.jpg

柱、連子窓の造形が眼を引く。
これらの石組みの技術、美的センスは尋常ではない。

DSCN0329.jpg

DSCN0365.jpg

遺跡のあちこちで見られる連子窓、
単に採光や通風機能だけでなくデザインにも気が配られている。

DSCN0337.jpg

DSCN0338.jpg

DSCN0334.jpg

DSCN0347.jpg

DSCN0342.jpg

何百年のも間、こんな密林に眠っていたのだろう。
1860年、
アンリ・ムーアと言うフランス人に発見されるまで、
僅かな地元民の土着信仰の場だけであったと言うがとても信じられない。

DSCN0339.jpg

DSCN0345.jpg

DSCN0350.jpg



スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:32 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

アンコールワット3 天を突くアンコールワット その1

クメール王朝の最盛期に30年も掛けて造った代物だ。
東西1.5キロ、南北1.3キロ、兎も角広い。
環堀の幅190m、その中に三重の回廊、
本殿中央祠堂を中心に五基の堂塔が聳える。

DSCN0280.jpgDSCN0281.jpg

当時の工人達が命がけで造り上げた結晶が紺碧の空に光り輝く。
親方、設計士、絵師、塗装師、彫師、人夫達の息吹が聞こえてくるようだ。

DSCN0289.jpgDSCN0290.jpg

丁度、蓮花の季節。

DSCN0320.jpg

DSCN0322.jpg

蓮池の向こうにアンコールワットの中心部が浮かび上がる。

DSCN0332.jpg

天を突く階段を登り切ると第三回廊。

DSCN0325.jpgDSCN0326.jpg

ひっそりした空間が広がる。
ここには四つの聖池があったらしい、
治水が重要な政治基盤だったのが頷ける。


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:19 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

アンコールワット2 デバターの競演 その2

歯を出して微笑む、このような像はこの後見付けられなかった。
衣装、被り物、髪型、首飾り、耳飾、腕輪、足輪、それぞれ趣がある。

DSCN0287.jpgDSCN0293.jpg

胸の膨らみは皆同じようだ。

DSCN02941.jpgDSCN0302.jpg

鋭い眼、妖艶でもある。

DSCN0300.jpgDSCN0309.jpg

何か言いたい素振りだ。
私は幸せ!ってな顔、陶酔しているようでもある。
比較的厚い唇、
口の縁が心持上に持ち上がっているのは共通している。
当時の美人の口つきなのだろう。

DSCN0307.jpgDSCN0306.jpg

窓との配置も絶妙だ。

DSCN0304.jpg

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 08:56 | 神奈川 ☔ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

アンコールワット2 デバターの競演 その1

バイクに跨り、まず、高速道路の料金所のようなアンコールワット観覧券売り場へ。
「顔写真持ってる?」
係員が日本語で尋ねる。
「持ってない」
と言うと、
「じゃ、そこで写真撮って」
意外に素早く観覧券を渡される。
真っ直ぐアンコールワットヘ。
もう、アンコールワットは人が一杯だ。
まず、これが何本か手を持つヴィシュヌ神像だ。

DSCN0272.jpg

さあ、デバターだ。

DSCN0276.jpgDSCN02774.jpg

s-DSCN0288.jpg

一つ一つ顔が異なる、当時の女官がモデルだそうだ。

DSCN02831.jpgDSCN0285.jpg

仕草、手にしている持ち物もいろいろ有る。
それぞれに何かの意味が有るのだろう。

DSCN0284.jpgDSCN0286.jpg

背景の彫刻も華やかで木目細かい。

DSCN0292.jpgDSCN0291.jpg

この二体、特に右側が私の最もお気に入りの像だ。
この当時、在郷で目に付く女性、日本で言う○○小町?、
は悉く召し出されたらしい。
強制的なケースも有ったであろうが、
神に捧げるのだと家族が進んで差し出したとも言われる。
一人一人、どんな素性だったのだろう、
どんな経緯だったのだろう?
想像するだけでも興味が尽きない。
泣く泣く最愛の人と別れさせられた女性も居るだろう。
嬉々と宮殿に上がったのも居るだろう。
家族の為に、生活の為に犠牲になったのも、
どの顔もそんな喜怒哀楽をひたすら内に秘めているように感じる。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 10:18 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

アンコールワット1 アンコールワットの夕日

プノンペンで乗り継いでシェムリアップ。
客引きが寄って来る。
さて、どうしたものかと迷っていると、
掲げている客引きの看板の中に「チェンラー」の文字が見えた。
シェムリアップでは、「チェンラー」と「タケオ」が手頃のホテルと聞いている。
渡りに船とバイクの後に跨る。
途中で「私の名はカムヒヤー」と教えてくれた。
その後も首を捩って何かと話しかける。
田園、林、村落を抜けてシェムリアップの街に入ったらしい。
最後に非舗装のガタガタ道、直ぐ小奇麗なホテルの庭に入り込む。

DSCN1623.jpg

DSCN1621.jpg

「此処はチェンラーではない」
とやや言葉を荒げるが、とぼけているのか、白を切っているのか、通じないのか、
全くとり合わない。
「兎に角、部屋を見たら」
と言ってる感じで女が先に立って促す。
ホテルも悪い感じではないし、男も女もカムヒヤー君もワルではないようだ。

DSCN0268.jpg

DSCN0271.jpg

部屋に入ると、空調、TV、温水シャワーもあり、
ベッドも心地良さそうでシーツも真っ白だ。
値段も設備も予定していた条件に、計ったように一致している。
早くビールも飲みたい。
OKのサインを出す。

DSCN0261.jpg

DSCN0260.jpg

ロビーに戻ると今度は明日からのバイタクのチャーター代の交渉だ。
「三日間で、最低、アンコールワット、アンコールトム、バンテアイ・スディへは行きたい」
旨を話すと若い男が、
「80$」
だと言う。
バイタクチャーターの相場は判らないが何か高すぎる気がする。
思い切って、
「30$」
と言うと、大げさな身振りをする。
「バンテアイ・スディまで40kmもある、その先のクバール・スピアンの滝まで行ってあげる」
カムヒヤー君は必死だ、地図を広げて、
「此処も、此処も、連れて行ってやる」
若い男が援護射撃する。
「彼は家族を○人養っているんだ、このところ仕事が無くて大変なんだ」
私が首を縦に振らないで粘ると、だんだん下がって来た。
結局、35$で決着。

「夕方5時、夕日を見に行く」
とカムヒヤー君が迎えにくる。
バイクに跨るとカムヒヤー君、
「アンコールワットと○○、どっちへ行く?」
と尋ねたようだ、当然、
「アンコールワット」
後で調べると○○はプノン・バケンだったらしい。
夕日はプノン・バケン、日の出はアンコールワット、
と相場が決まっているようだ。

想像していたよりもアンコールワットは壮大だ。

DSCN0233.jpg

DSCN0240.jpg

DSCN0242.jpg

DSCN0246.jpg

途中で警備員が両手を広げる。
閉館時間だ。

DSCN0257.jpg

女神像(デバター)が微笑を浮かべて歓迎だ。
デバターを眺めるのがアンコールワットへやって来た第一の目的なのだ。

DSCN0248.jpg

明日は一日掛けてデバターの写真を撮りまくろう!
胸が高鳴る。

続く











スポンサーリンク

posted by モトイケ at 18:42 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

中国福建省 円楼の立ち並ぶ村

自家用車の威力に簡さんの賢明なサービス精神のお陰で、
普通の観光客ではとても辿り付けない所へ連れて行った呉れる。
途中で車から降りて歩かなければならない悪路を行き着いた集落、
山間の山間、此処の土楼も圧巻だ。
谷あいの山道を息せいて登ると眼下に集落の全貌がおさまる。

DSCN5983.JPG

DSCN5986.JPG

DSCN5926.jpg

DSCN5938.jpg

DSCN6011.JPG

DSCN6013.JPG

DSCN6004.JPG

子供達が飛び出してくる。
この辺りまで来る観光客は少ないのだろう。

DSCN6003.JPG

DSCN5996.JPG

DSCN6007.JPG

子供達は物珍しそうに我々の後をついてくる。
デジカメの画像に見入る横顔は天使に近い。

DSCN5792.jpg


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:18 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

中国福建省 客家土楼 四階建円楼

円楼では最大規模だ。
直径約100m、面積6000平方米余、384部屋、
今でも54家族、700余人が生活している。

建屋は4層形式、
中心が祭壇のある儀式の場所、3層は客人用、2層は教場、
一番外側の1層が四階の円楼、一階が炊事場、二階が倉庫、三,四階が住居。

0.JPG

1.jpg

2.jpg

4.JPG

5.JPG

3.jpg

6.JPG

10.JPG

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:59 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

中国福建省 客家土楼

土楼の形は多種済々で、四角、五角、八角、円形、半月形、D字型、
目字型、方円形等々、30種類以上も有る。
現地で採れる木材、石、砂利のみを用い、
中原から持ち込んだ建築、土木の技術を駆使して造られた。
大きな物は直径が100m、6階建てもあると言う。
当時としては異例の高層建築で3階以上が80%を占めている。

華僑には客家出身が多く、流浪の民で商業で身を立てた人が多い為、
「中国のユダヤ人」とも呼ばれてる。
李登輝、ケ小平、も客家出身だ。
各楼の中央に、其の楼から出て名を成した人々の名と写真が誇らしげに飾ってある。

DSCN5719.JPG

DSCN5672.JPG

DSCN5662.JPG

DSCN5655.JPG

DSCN5648.JPG

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 08:48 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

中国福建省 客家土楼

外壁の四方にはいざ戦いのときの銃口となる小さな窓が付いている。
土楼は外敵からの防御のみでなく、通風採光、抗震防火、保温、
隔音隔熱、等々の機能も兼ね備えている。

方楼に囲まれた中央に祭壇、此処の神仏も素朴極まりない。
其の周囲に物置、水浴所、炊事場、豚小屋、井戸もある

磨り減った木の階段、柱や棟の彫刻、格子窓、
無造作に放置されている時代物の家具、そこに生活する人々、
其の一つ一つに時の流れが刻み込まれている。


230.JPG

231.JPG

234.JPG

235.JPG

236-2.JPG

236.JPG

237.JPG

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:13 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

中国福建省 客家土楼

客家とは元々黄河流域の中原に住んでいた漢民族、
古代からの北方の騎馬民族との戦いの度に、
次第に南方へ逃げ延びた難民の子孫なのだ。
難民といっても、由緒正しい衣冠士族達、
れっきとした漢民族の一支系として、誇り高く独特の文化を持っている。
住み着いた場所でも土地の人々と馴染まず、自分たちの文化、習慣を保ち続けた。
新しい土地では「客」「よそもの」扱いされた。
更に、当時は未開地、匪賊や虎とかの野獣も出没した。
身を守るため、一族が一致団結して壮大な城壁を思わせる建物で生活した。
これが土楼だ。

最初の土楼は四階建て四角形の方楼、縦53m、横52m、
1828年建成とある、比較的新しい。

220.JPG

222.JPG

223.JPG

224.JPG

227.JPG


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:14 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

永定・西(コザトヘンに皮)天后宮

アモイで予約済の貸切自家用車の運ちゃんが、既に、ロビーで待っている。
彼の名は簡君、28歳、元軍人、奥さんと子供が一人、
すらりとしたいかにも頭の切れそうな好青年だ。
威勢もいい、
「アメリカと戦争したかった、絶対負けないよ」
物騒な言葉がポンポン飛び出す。
最初に案内されたのが「西(コザトヘンに皮)天后宮」
客家達に崇められる女神?が祀られ、六重の塔が珍しい。
一階毎に神様が祀られている。
其の一つは文字を発明したと言われる蒼頡とだけ判ったが、
あとは何の神かは判らない。
どれもが素朴だ。
130.jpg

132-3.jpg

132-0.jpg

132-1.jpg

132.jpg

133.jpg

135.jpg

136.jpg

131.jpg




スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:32 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする