2019年08月09日

メコンに沿って(3) ヴィエンチャン

タイからメコンを渡りラオスのフェサイに入り、
ルアンパバンを経てヴィエンチャンへ向かう。
ルアンパバン空港もフェイサイ空港に毛が生えたようなものだ。

DSCN0469.JPG

時間待ちに入ったレストランの真ん前に滑走路が開けている。 
滑走路の向こうには緑の丘が続く、その丘に2、3人の人影が現れた。  
ゆっくり眺めていると、その人影は滑走路を横切って此方へ向かってくる、客らしい。
次に天秤棒を担いだ二人、そして、今度は、滑走路の左手からオートバイだ。

Dscn0470-2.jpg

ラオスの若夫婦、目付きが印象的だ。

突然、スコール、びしょ濡れで飛行機に乗り込む。
飛行機はメコンに付かず離れず飛んで行く。
見渡す限りの平原の上に出るが、耕地は少ない。
一時間もしないでビエンチャン、流石、首都の空港.

DSCN0472.JPG

DSCN0472.JPG

フェイサイ、ルアンパバン空港に比べると段違いだ。

真っ直ぐに、タクシーでお目当てのホテル?「古都」を目指す。
ところが、運ちゃんが判らない、「koto」の発音が通じないらしい。
地図を示すと運ちゃんがうなずく。
街には高層ビルは見当たらない、
だだっ広い通りを行き当たった凱旋門?の辺りを右に折れる。
飛行場から市街を通り越し、更に地図をはみ出る。

日本風の暖簾に「古都」の文字、
一階が日本料理店、二階がホテル?になっている。
早速、納豆、塩辛で日本酒、熱燗だ。

DSCN0476.JPG


スポンサーリンク

posted by モトイケ at 10:40 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: