2019年08月07日

メコンに沿って(2)物凄いラオス式按摩

腰が痛み出した。
当たるも八卦、当たらぬも八卦で、ラオス按摩にトライ。
葦簾張りの部屋に薄い布団が敷いて有る。

DSCN0420.jpg

扇風機を片手にぶら提げてきた老人に近い太目のおばさんがやってきた。
半分、ラオス美人を期待していたのに...

DSCN0421.jpg

足の裏から揉み出した。
足の間に膝を入れて仰向けになった足の先から丹念に揉み上げる。
始めは皮を鞣すように擦り、何処かでツボを抑える。
アバラ骨を一つずつ探ってゆく。
今度は、腹ばいになった背中に、おばさんが全身が乗り上がった、
不思議な事に重さを感じない。
いわゆる、ツボに乗っかっているのだろう。
膝と手と足の指で急所を抑える。
背骨の一本一本の間をなぞるように、緩急を付けて、体中の関節をポキポキ鳴らしてゆく。
痛いと心地よいの中間を行ったり来たりだ。
日本でも按摩は常習だが、これほどの按摩は経験無い、
いかにも、按摩をやったと言う感じなのだ。

DSCN0422.jpg

DSCN0426.jpg

DSCN0424.jpg

食べ物は豊富だ。
街をちょっと外れるとメコンに出る、
朝の心地よい川風を体全体に浴びて川岸を散歩する。

DSCN0465.jpg

DSCN0468.jpg

高いヤシの木にスルスルと登ったと思うとヤシの実を投げ落とした。

DSCN0466.jpg



スポンサーリンク

posted by モトイケ at 12:09 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。