2018年11月19日

中国福建省 客家土楼

土楼の形は多種済々で、四角、五角、八角、円形、半月形、D字型、
目字型、方円形等々、30種類以上も有る。
現地で採れる木材、石、砂利のみを用い、
中原から持ち込んだ建築、土木の技術を駆使して造られた。
大きな物は直径が100m、6階建てもあると言う。
当時としては異例の高層建築で3階以上が80%を占めている。

華僑には客家出身が多く、流浪の民で商業で身を立てた人が多い為、
「中国のユダヤ人」とも呼ばれてる。
李登輝、ケ小平、も客家出身だ。
各楼の中央に、其の楼から出て名を成した人々の名と写真が誇らしげに飾ってある。

DSCN5719.JPG

DSCN5672.JPG

DSCN5662.JPG

DSCN5655.JPG

DSCN5648.JPG

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 08:48 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: