2019年09月13日

メコンに沿って(4) メコンの船旅

パクセーからコーン島を目指す。
パクセーから更にメコンを南へ下り、カンボジャとの国境近くになると川幅が14kmにもなり、
メコンが一気に滝となって流れ落ちる、それがコーンの滝だ。

DSCN0563.JPG

DSCN0562.JPG

メコン河口の船着場は、メコンから一段高まった泥んこの広場にあり、
物売りと食べ物の屋台であたかも市場の如くだ。
船便の客と客引きが群がっている。
メコン交通の要所、メコン流域の各地への船便がここから出ているようだ。
発着所と言っても、標識も無いし、船にも行き先は書いてない。

泥んこの崖を降りて、やっとのことで探し当てたムアンセーン行きの乗合船に乗り込む。
巾3m長さが30mくらいの、骨組みが剥き出しの木造船だ。
何本かの柱の上に屋根は乗っかっている。

何時に出発するのかも、何時に着くのかも、途中何処に止まるのかも、判らない。
「まあ、何とか成るだろう」
と覚悟を決める。

  ところが何時になっても出発しない、 客が或る程度集まらないと出発しないのだ。
客引きが懸命に客を連れ込んで来る、
何回も何回もうら若い娘さん達が出入れする、物売りだ。
2時間もして30人程の客が乗り込むと船は動き出した。
直ぐに大きな橋を潜る、
後で聞くと、来年にはタイとラオスとカンボジャを結ぶ幹道が完成するそうだ。
客は皆現地の人達らしい、旅人風情は我々だけだ。
宇治から大阪へ淀川を渡ったのもこんな舟だったのではないだろうか。

DSCN0565.JPG

DSCN0567.JPG

隣り合ったのは、口中を真っ赤にしているお婆さん、
噛み煙草のような物だろうか、
シンロウと言う緑の葉っぱに石灰を包んだ物を噛んでいる。
息子さん夫婦と二人の幼子、息子さんは常にお婆さんに視線を送る。 
そして、手の甲に刺青をした若者、目付きだ鋭い。 
その隣の中年の夫婦、だらしなく太った旦那は直ぐに横になる、
奥さんの方はキリリとして、いかにもしっかり物らしい物腰だ。

前の奥さんがドリアンを取り出す。
近くの男が鉈を器用に扱いドリアンを割って、車座になって食べ出した。
「お前も食べないか」
と言う風に私にも差し出されたが遠慮した。
いかにも美味そうだ。

手の甲に仏像の刺青をしている若者は静かに煙草を吹かしている。 
暫く観察していたが、以外に真面目そうな男だ。
思い切って話し掛けてみた。
「その刺青は何だ?」
と手振りで尋ねる。
向こう隣の男が意を解したらしく、手振り身振りで説明してくれる。
「ゼスチャー」ごときで、自分の腹に刃物を突き立て、手を左右に振って、「ノー」。
どうも、身を守るお呪いのようなものらしい。

2時間ほどして、初めての港に着く、港と言っても自然のままの土手だ。

DSCN0568.JPG

DSCN0569.JPG

手振り身振りで幾らか意志の疎通が出来るようになった刺青の若者が、
「チャンバサック」
と教えてくれる。 漫画のような地図を見ると、まだ、目的地の3分の1も来てない。

船は大きくうねるメコンの左端、右端を擦れるように進む、近回りをしているのだ。
広い直線に出ると船は真っ直ぐに進む。
ふと見ると、
客席から一段高みに有る後尾で舵棒を抱えた船頭がコックリコックリやってる。
私がそれを指差すと、客達が一斉に船頭に囃し立てる。
船頭は眼をこじ開けるとニヤリとする。
単調だが快適な船旅が続く、天井から足がぶら下っている。

DSCN0566.JPG

屋根の上に腰掛けてる客もいるのだ。
前の奥さんが話し掛けて来た、意味が判らない。
刺青の若者が手振り身振りで通訳してくれた。
「ナイフを持ってないか?」
と言う事らしい。
私がナイフを差し出すと、今度はパイナップル。 
奥さんが、見事な手付きで皮を剥き、前に並べた。
「食べろ」
と差し出す。
汁が滴り落ち美味しそうだ、 一切れを戴く。
「パイナップルってこんなに美味しかったのか!」
甘いものには余り強くない私だが、柔らかくて蕩けるような甘さに舌鼓を打つ。
日本で食べるのとは一味も二味も違う。
新鮮なだけでは無いようだ。

DSCN0570.JPG

彼方此方に水牛の姿が見られる辺りに来ると、船は頻繁に止まり出し、
一人一人、客を下ろし始めた。
標識等は当然無いし桟橋も無い。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 18:30 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする