2019年01月08日

アンコールワット記8 Banteay Kdei

鬱蒼とした参堂を抜けると、つっかえ棒だらけの僧院のテラスに半裸の白人達、

DSCN1249.jpg

DSCN1250.jpg

DSCN1252.jpg

此処はヒンドゥ様式と仏教様式が混交していると言われるが、
何処がどの様に混ざっているのか皆目判らない。

DSCN1256.jpgDSCN1259.jpgDSCN1261.jpg
DSCN1254.jpg

此処のデバターも見応えがある。

DSCN1253.jpg

DSCN1258.jpg

DSCN1257.jpg

DSCN1263.jpg

アンコールワットの至る所で見られるリンガ(男根)の台座が此処でも辺りを払っている。
世界創造のシヴァ神を表したものだそうだ。

DSCN1260.jpg

ナーガ(蛇神)の欄干でじっと読み耽る少女、
この神殿の謂れを紐解いてるに違いない。

DSCN1268.jpg

アンコールワットやアンコールトムのバイヨンでは
日本人の姿を見飽きるほど見たが、
この辺りで見掛けるのは白人ばかりだ。
日本人の観光ルートから外れているのだろう。

DSCN1272.jpg

首を垂直に持ち上げたナーガ、
きっと毒蛇だろうが、
宇宙世界を支えているのがナーガなのだそうだ。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 18:30 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

アンコールワット記7 Ta Prohm

此処は発見された当時の破壊されたままの姿で保存されている、と知られている。

DSCN0513.jpg

デバターの歓迎、
右のデバター、アンコールワットのデバターより一寸生っぽい。
良く見ると緑色の苔。

DSCN1194.jpgDSCN0519.jpg

中へ一歩入って、
ウオッー、思わず唸る。

DSCN1192.jpg

DSCN1200.jpgDSCN1196.jpg

第一印象、地獄。
縦横無尽に王の尊厳を荒らしまわる樹木、
スポアンと言う榕樹だそうだ。

DSCN1201.jpg

まさに人為と自然との闘い。
1000年の年月で石さえも朽ち始めるが、
生き物は命をつなぐ。
この樹木たちは何代目だろう。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:11 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

アンコールワット記6 Ta Kev

名前の意味は「クリスタルの古老」。
造営途上で放置されたままの姿だ。
そのせいか、或いは意図的にか、
壁面装飾が殆ど施されていない。
それがかえって、一抹の静寂さを醸し出している。

この窓などはどのように仕上げるつもりだったのだろうか。

DSCN0500.jpg

当時の石組みの手法などが垣間見られ
建築手法研究上は貴重なのだそうだ。

DSCN0502.jpgDSCN0501.jpg

造営途上で放置された理由には諸説がある。
11世紀の初めジャヤヴァルマン5世が造成を始めたが、
王の急死により作業が中止された、
或いは、作業中に落雷があって縁起が悪いと中止された、
他の権力者によって王が放逐された、
とか諸説があるが最後の説が有力らしい。

11世紀初頭、アンコール王朝は王位継承で混乱したらしい。
世襲ではなく実力での王位継承だったのだ。

DSCN0503.jpgDSCN0506.jpg

DSCN0504.jpg

DSCN0512.jpg

アンコールワット造成はこれより100年以上後になる。
当時としては最大級の建造に取り掛かったのではないだろうか。
権力を握った王は王都と大寺院を建設し祭儀を執り行うのが義務であったのだ。
その義務を全うせず、
未完成で造営を放置せざるを得なかった王の無念さはいかばかりであったろう。

スポンサーリンク

posted by モトイケ at 09:46 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする